良い看護師を採用し、看護師をマネジメントする「極意」

(2)看護師の驚くべき実態

提供ジョインハンズ株式会社 輿石 光希氏 https://join-hands.info/ コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

 看護師は良くも悪くもプライドが高く、使命感を持って働いている人が多いです。一方で生活のためだけに働く人もいます。
最近、働き方が変わってきたと痛感することがあります。その変化には、良い面とそうでない面があります。良い面としては、看護師の人材不足ということから求人が多く、自分の働きたい(興味のある)職場で働く選択肢が広がったということです。転職に関しての情報量が多く、また就活で使う
ツールも増加傾向で、希望の職種や勤務場所、賃金などで転職先を探すことができるので、自分の興味のある職種に比較的早く転職できるようになりました。良くない面としては、人材派遣会社に登録し、エージェントに自分の希望を伝え職場を探し交渉してもらう、嫌なところでは働きたくないので職場を転々とする、派遣で短期間働き嫌なら辞めるといった状況です。
非常勤や派遣として仕事を2~3つも掛け持ちで休みなく働いている方もいます。
例えば、夜勤専門のアルバイトと昼間の仕事などの掛け持ちです。夜勤のアルバイトは賃金が高いので人気で、最近では1夜勤6万円という条件も聞きました(コロナ関連ですが)。フリーで働く理由は、組織の縛りもなく自由に働け、簡単に稼げる状況にもあるのです。もちろん看護師としての知識やスキルがないと難しいのですが、みなさん不思議と自信がある方(自己評価が高い)が多いです。
近年、人間関係の問題、コロナ感染の流行で、病院で働く看護師に大きな負担がかかり、うつ病の診断で病休を取ったり、燃え尽き症候群になった看護師も多くいます。一生懸命頑張る人ほど何かしらストレスを抱えてもがいていることが多いような気がします。ストレスの中にどっぷりつかり体調を崩したり、愚痴ばかり言い運気を逃している人も多くいます。それは、職場と自宅の往復で友達や趣味に使う時間や余裕もないといった状況も原因だと思います。
上手く気分転換できる方法を知って早めの対策が取れるようになってほしいです。
最後に、看護師の組織の中には必ず「裏ボス」がいます。その裏ボスを見つけ信頼関係が作れたとしたら、かなり強い味方が付いたと思ってよいでしょう。
裏ボスは表面上目立ちませんが、病棟の中で強い権限を持って看護師たちと関わっています。この方に逆らったら働きにくくなるとみんな知っています。
その裏ボスの見分け方は、全体会議など看護師が誰の意見を気にしているか
視線の先を追ってください。その人の発言に賛同した場合、その人が裏ボスの可能性が高いです。そうして観察すると、看護師との関りも楽しくなってくるかもしれませんね。


〇経営者、事務長様、看護師と関わる方必見。なるほど!と思える内容に
なっています
著書「ナースのトリセツ」

〇採用コストを削減して収益が改善する。よい看護師の採用やマネジメント方法を
まとめたDVDのご紹介です。観ていただくと、すぐに実践に繋げられる内容となって
います。
DVD「良い看護師の採用・マネジメント実践法」

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン