医院開業への道

診療科目別 開業物件選定のポイント(6)眼科

提供日本調剤株式会社 コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

小児科を新規開業する際の、物件選びのポイントです。

他の科目はこちらをご参照ください。
内科
整形外科
皮膚科
小児科
耳鼻咽喉科

 眼科クリニックの場合、その診療の範囲が物件の選定に大きく影響します。眼科の一般診療をメインとするのか、レーシックの手術を行うのか、白内障の手術を行うのか…、診療方針によって物件を選ぶポイントが異なります。白内障の手術を行う場合は50坪前後の広さは必要になります。年配の患者さまをターゲットとするので、バリアフリーにも配慮が必要です。
 眼科の一般診療をメインとするのであれば、ターゲットは老若男女、幅広い年齢層をターゲットとすることができます。よって立地は、人口の多いエリアが向いているといえるでしょう。
 また、メガネ・コンタクトレンズ店の連携が取れる立地というのも重要なポイントです。

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン