クリニック開業・医院開業・医師開業物件は日本調剤「メディカルセンター.JP」

クリニック開業・医院開業・医師開業物件は日本調剤「メディカルセンター.JP」

クリニック開業・医院開業・医師開業物件はメディカルセンター.JP

受付時間 9:00 - 18:00(土日祝日除く)

03-6810-0811

MENU
理想の医院開業 厳選された優良物件と日本調剤の開業サポートでかなえる 理想の医院開業 厳選された優良物件と日本調剤の開業サポートでかなえる
bnr01 bnr01

クリニック開業物件を探す

更新日:2023/12/07

  • エリアから探す
  • 路線・駅から探す
CLOSE

北海道

東北

関東(その他)

信越・北陸

中国

四国

九州・沖縄

CLOSE
CLOSE

北海道

東北

関東(その他)

信越・北陸

中国

四国

九州・沖縄

CLOSE
CLOSE

選択されている市区町村が
クリアされますがよろしいですか

はい

いいえ

選択されている路線が
クリアされますがよろしいですか

はい

いいえ

選択されている駅が
クリアされますがよろしいですか

はい

いいえ

会員登録のメリット

  • 登録のメリット1

    ご希望条件に沿った新着物件をメールでおしらせします!

    ご希望条件に沿った新着物件をメールでおしらせします!

  • 登録のメリット2

    検索条件を保存できるので、スムーズな検索が可能に

    検索条件を保存できるので、スムーズな検索が可能に

  • 登録のメリット3

    開業物件のお気に入り登録や閲覧履歴の保存が可能に

    開業物件のお気に入り登録や閲覧履歴の保存が可能に

  • STEP 1

  • STEP 2

お名前

ユーザー名

※半角英数と以下の半角記号が使用可能。60文字まで。
 「 (スペース)」「 – (ハイフン)」「 _ (アンダースコア)」「 . (ピリオド)」「@(アットマーク)」

メールアドレス

メールアドレス(確認用)

新着開業物件

日本調剤では、様々なタイプの医療モール物件を企画しております

お知らせ

最新のお知らせはありません。

医療モール開業実績

日本調剤がこれまで手掛けてきた医療モールをご紹介いたします

クリニック開業コンサルタントの選び方

クリニック開業に至るまでには、立地の選定から資金調達、医療機器や内装の手配、スタッフの採用、広告等様々なプロセスを経る必要があります。

多くのドクターは勤務医の仕事をしながら開業準備を進めることになるため問題なくスムーズに進めるためにも、経験豊富なコンサルタントに依頼することをおすすめします。

クリニックを開業するドクターにとって、開業コンサルタントはパートナーとも呼べる重要な存在です。

サポートの実績やノウハウがあるか、開業後のアフターフォローもしてくれるかなどを確認して選ぶようにしましょう。

開業の流れ

(1)開業のイメージづくり

開業の準備としてまず最初にやることは「開業時期やクリニックの規模、コンセプト、診療内容を決めること」です。どのような医療サービスを提供したいのか、どういった患者さまを想定するのかなどを明確にすることで開業準備がスムーズに進むだけではなく、経営の安定化にもつながります。

(2)医院開業エリア・物件の選定

これらは集患に大きく影響するポイントである上、一度開業してしまうと、エリアや物件を変更するのは非常に難しいため、様々な視点でしっかりと調査した上で選びましょう。
例えば「診療圏調査」。これは開設した医院でどれだけの患者数が見込めるかを調べるためのものです。
また、現地に行かないと分からないことも多々あるので、現地調査もきちんと実施しましょう。
開業エリア選定と併せて開業形態も決める必要があります。
戸建て、ビルテナント、医療モールなど、診療方針や予算などとあわせて慎重に検討してください。

(3)事業計画の策定・資金調達

次は事業計画の策定です。これは医院のコンセプト・診療方針を実現させるための具体的なプランであり、なおかつ開業に欠かせない資金調達にも関わってくるため非常に重要です。

事業計画を策定する場合、開業後の収支および開業時の資金繰りも組み込んで考える必要があります。
必要に応じて税理士や開業コンサルタントに相談しながら進めましょう。

(4)内装工事・医療機器の準備

医院の内装工事・医療機器の準備に移ります。
内装準備では、診療方針や想定する患者層にあわせてデザインし、動線を考えます。
医療機器は事業計画をもとに、長期的な費用対効果を考えて厳選する必要があります。
必要な機器を選定するとともに、価格や耐用年数もチェックして、購入かリースかといった導入方法を検討しましょう。

(5)広告宣伝

開業後すぐ患者さまに来院してもらうためには、開業1~3ヶ月前からWEBサイト等を制作し、
広告宣伝に取り組まなければなりません。
近隣の患者さまにアプローチする場合には、駅看板やチラシなどの広告も一定の効果が見込めるのであわせて検討するのがおすすめです。

(6)スタッフ採用・研修

診療をサポートする看護師のほか、受付・会計・レセプト作成などの業務を担う事務スタッフを採用します。
採用後の認識のずれが生じないように診療方針や経営理念、就業規則を明確にした上で、採用活動に臨みましょう。

よくあるご質問

医院の開業の流れを教えてください

開業のイメージ作りからはじまり、開業エリア・物件の選定、資金計画、内装や医療機器の相談・選定、申請・届出業務、採用や広告の準備といった流れが一般的です。

開業の開業資金はいくら用意すれば良いでしょうか?

クリニックを新規開業させるためには、運転資金も含め、5,000万~1億円ほど必要になります。金融機関から融資を受けて開業するのが一般的ですが、自己資金も1,000万円以上用意することが望ましいです。

医師の開業年齢は平均何歳くらいでしょうか?

2009年に日本医師会が行った「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」によると、医師が新規開業したときの平均年齢は41.3歳でした。

PAGE TOP