開業ドクターの声

銀座泰明クリニック 茅野 分先生

コラムのサムネイル

銀座メディカルセンターにて移転開業された茅野先生のインタビューです。

ドクターのアイコン

茅野 分先生

科目:心療内科・精神科
2011年10月 銀座泰明クリニック開業

Q1. 銀座の医療モールで開業を決められたきっかけを教えてください。

「精神科」というと、5~10年前は偏見の持たれる病気でしたので、そのイメージを払しょくするために「まちの診療所」として、大きな病院ではできない診療をしたいと思い開業を決めました。また、他の科目と連携を取りながら診療の間口を広げたいと思っていましたので、医療モールを選びました。銀座というエリアを選んだのは、経済の中心地である東京をリードしていくビジネスマンのメンタルヘルスを整えたいと思ったからです。

Q2. 医療モールで開業してよかったと思うポイントは何でしょうか?

患者さんの認知度が高くなるということですね。特に銀座では医療モールが珍しいため、患者さんがどこか具合が悪くなったときに「あそこへ行けば楽になる」という期待感や信頼感を抱いていただけています。一度に複数の診療科を受診するときも、大きな病院で必要な複雑な手続きは不要ですし、気軽に来院いただけるのも医療モールのメリットだと思います。

Q3. 今後開業を希望しているドクター向けに、開業が成功するポイントがあれば教えてください。

これからの時代、(特に都心部では)専門性に特化していかないと開業後の成功は難しいでしょう。 ご自身の知識や技術を地域に還元していくという意識を持つことも重要です。

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン