医院開業への道

診療科目別 開業物件選定のポイント(5)耳鼻咽喉科

提供日本調剤株式会社 コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

耳鼻咽喉科を新規開業する際の、物件選びのポイントです。

他の科目はこちらをご参照ください。
内科
整形外科
皮膚科
小児科

 耳鼻咽喉科のクリニックは花粉症や難聴で悩まれる患者さまも来院されますが、通年で子どもの来院が多いのが特徴となります。ですので、物件は高層階よりも低層階が向いており、自転車やベビーカーを置くスペースを確保した方がよいでしょう。また立地としては、近隣に保育園や幼稚園、小学校、塾などがそばにあると集患につながるかと思います。
診療内容によっては小児科クリニックとバッティングする可能性もありますので、周辺の 小児科クリニックについては事前に調査することをおすすめいたします。
また、聴力検査をするため、騒音や振動があるところは耳鼻咽喉科クリニックには向かないといえます。
 診療単価が比較的低い科目ですので、短時間で患者さまを多く診る必要性も配慮してください。待合スペースの使い方を工夫したり、予約システムを取り入れたりするなど、効率よく患者さまを診察できるようにするシステム作りが必要です。

コラムの画像

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン