新規開業時のWEBサイトを使った集患のコツ

(5)WEBサイトのアクセスを増やすために

提供株式会社メディココンサルティング 田中 明氏 https://www.medico-consulting.jp/ コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

 WEBサイトのアクセスを増やすためには、まず特定のキーワードで検索
された際に上位にヒットさせなければなりません。上位表示させるために
は3つの大きなポイントがあります。

(1)バックリンク(被リンク、外部施策)
(2)オリジナルのテキスト(内部施策)
(3)1ページ内のテーマを絞ること

これらのポイントについて説明いたします。

(1)バックリンク(被リンク、外部施策)

バックリンク(被リンク)とは他のサイトからリンクされている状態のことです。
以前のGoogleは評価する基準をバックリンク偏重主義にしていました。
しかしながら2012年にGoogleは短期間で膨大なバックリンクの発生したサイトを検知し、ペナルティを課すような対策を取り入れました。このアップデートにより、金銭を払ってバックリンクを買っていたWEBサイトは軒並み影響を受けて、順位を大幅に下げるか、場合によってはGoogleからインデックスされないという状況となりました。
ただし、現在でもGoogleはバックリンクを一切評価していないということではなく、自然に増えてきたバックリンクは重要として十分評価の対象としております。
自然にバックリンクを増やすには、読み応えのある、又は閲覧者に有益な情報を提供するWEBサイトを作成することが近道です。そうすることで他のWEBサイトも紹介してくれて、自然と少しずつバックリンクが増えていくでしょう。

(2)オリジナルのテキスト(内部施策)

Googleはまた、品質の低いWEBサイトを排除していく傾向も持っています。
特に次にようなWEBサイトが影響を受け、検索順位を落とす結果となります。
・他のWEBサイトと内容が重複しているもの
・独自性や専門性が低いもの
・広告などの価値を生まない記事が占める割合が多く、独自コンテンツの割合が
 低いもの
・内容が乏しく、情報量が極めて少ないもの

つまり情報量が多く、独自のコンテンツを有するWEBサイトをGoogleは評価しているということです。

(3)1ページ内のテーマを絞ること

1ページに何でもかんでも内容を盛り込むことは、検索エンジン経由の集患に関しては機会損失を発生させます。
例えば、内科クリニックの診療内容ページを1ページ内で収めた場合、一般内科診療や生活習慣病のこと、健康診断や予防接種のことなどを盛り込むことになるかと思います。そうするとGoogleはそのページに何が書いてあるのかについてうまく認識できず、「市区町村名 内科」や「市区町村名 糖尿病」「市区町村名 健康診断」といった様々な集患キーワードで、
当該診療内容ページが上位に表示されることは難しいといえます。

なぜ1ページに1つのテーマ(1つのキーワード)で構築すると評価されるのかというと、検索エンジンが何について書かれているページなのかを明確に認識できるからです。現在のGoogleは、単語と単語とのつながり、前後の文脈などから内容を理解し、そのページを評価している傾向があります。つまり1ページ1テーマまたは1キーワードにて検索エンジン対策を行うことが重要となります。

以上の3つのポイントのうち(2)と(3)はWEBサイトを完成させてから考えるのでは遅いので、WEBサイトの作成段階において十分に検討しておくことがとても重要です。
なお、GoogleにはWEBサイトを評価する基準を200近く持っているといわれています。
その基準に出来る限り合致しているサイトを上位に表示させています。それら数多くの基準の中でも、特に重要なものを今回3つご紹介しました。その他の基準についてお知りになりたい方はお問い合わせください。

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン