開業を目指したら考えるライフプランと保険とお金

(1)ライフプランから見る開業のタイミング

提供(株)Watrayコンサルティング 後藤淳子氏 https://watray.co.jp/ コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

「開業しよう!」と決めるタイミングはいつでしょうか。
開業資金の目途がたったから? 良い物件が見つかったから?
ご自身のライフプランに照らしあわせて開業を考えたことはございますか?

開業というスタートは同じでも、先生方それぞれのご家族の状況やお財布事情はさまざまです。

・独身で開業される先生。
・結婚されたばかりの先生。
・配偶者も医師で一緒に開業される先生。
・配偶者が専業主婦・主夫の先生。
・異業種で共稼ぎの配偶者をお持ちの先生。
・小さいお子様のいるご家庭の先生。
・受験生を抱えているご家庭の先生。
・子育てが終わってホッと一息の先生。

先生はいずれかに当てはまりますか?
お子様の教育費がこれからかかってくるという先生であれば、教育費のピークがやってくる前に、クリニックの経営をしっかり起動に乗せておく必要があります。
配偶者が主婦・主夫のご家庭であれば、開業後の生活資金を十分確保した上で自己資金や借入をいくらにするかを決めないといけませんね。

開業は先生にとって、新しい世界への船出です。
先生は船に大切なものをたくさん積んで出航します。積み荷が重いからといって、海に投げ捨てることは出来ないのです。自宅を購入するときにFPにライフプランを相談する方はいても、事業を起こす際に自分のライフプランをFPに相談する人はまだまだ多くはありません。しかしながら、開業という人生の選択は家族を巻き込むとても大きな決断です。開業を意識されたら、まずはFPにご自身のライフプランを相談することを考えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン