医院開業への道

診療科目別 開業物件選定のポイント(4)皮膚科

提供日本調剤株式会社 コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

皮膚科を新規開業する際の、物件選びのポイントです。

他の科目はこちらをご参照ください。
内科
整形外科
小児科

 皮膚科クリニックの物件を探す場合、美容皮膚科など自由診療の割合をどれだけ行うかがポイントとなります。
 自由診療が中心となるクリニックの開業は、ターゲットが若い女性となる場合が多いので、オフィス街や繁華街など昼間人口が多いエリアがよいでしょう。綺麗で華やかな内装も患者さんに選ばれる要因になります。クリニックの造りとしては、女性のためのパウダールーム設置のために、少し広めの物件が必要となります。また、レーザーを使って施術する場合には、電気容量や匂いの充満を防止する換気扇のことも気にするようにしてください。
 一方、保険診療中心の一般の皮膚科では、幅広い年齢層・性別がターゲットとなるので住宅地がよいでしょう。他の科目と同様、多くの方に認知されやすい視認性のよい立地など、競合となる他の医療機関を意識した物件探しが必要です。特に、皮膚科の専門医が周りにいないか調査の必要があります。

コラムの画像

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン