医院開業への道

医療モールの種類

提供日本調剤株式会社 コラム提供者のアイコン

コラムのサムネイル

医療モールとは、同じ建物やエリアに、複数のクリニックや調剤薬局などが集積して、各々の専門性を活かして質の高い医療サービスを提供する施設のことです。このページでは、医療モールのタイプをご紹介いたします。

クリニック専用ビル

 ビルに入居しているテナントのほぼすべてがクリニック・薬局となっているタイプです。
クリニックが入居するために造られたビルのため、電気容量・給排水・床荷重などがクリニックに適した仕様となっています。
また、広さも入居する科目を想定して造られている場合が多いので、
ハード面では安心して開業準備を進められるタイプといえるでしょう。

 このタイプの医療モールは、比較的多くのクリニックが同ビルに入居することになるため、医療モールとしての価値も高まります。
地域住民の方にも、「医療モール」として認知されやすい傾向にあります。

事例:荻窪メディカルセンター

複合商業施設内 医療ゾーン

 駅ビルやショッピングモールの一画にクリニックが集積しているタイプの医療モールです。
このタイプのメリットとしては、高い認知度が見込めるということです。

 スーパーマーケットや小売店、保育園や塾などが入っているため、普段からその施設を利用する方に広く知ってもらうことができ、またお買い物などのついでに来院してもらえることもあります。

 ハード面では、施設の駐車場やお手洗いを共用できるという点もメリットのひとつです。

事例:アイテラス落合南長崎 医療ゾーン

戸建型 医療ビレッジ

 敷地の中に一戸建てのクリニックが複数存在しているタイプの医療モールです。 多くはロードサイドに立地し、各クリニックに駐車場を完備します。 建築・内装はオーナー様負担のパターンが多く、初期費用を抑えて開業できる場合があります。

事例:新座メディカルセンター

この記事をシェアする

  • facebookのアイコン
  • twitterのアイコン